オリジナル404エラーページ設置

オリジナル404エラーページ設置

モビライズを使ったオリジナル404エラーページの作成、設定

404エラー発生理由

ウェブサイトをブラウジングしていて、誰しもが経験のある、Pages Not Founded(ページが見つかりませんでした)。

URLを入力し直したり面倒ですよね。せっかくの来訪者がサイトからの離脱する大きな要因となりかねませんので、このエラーの表示は避けたいものです。
404エラーが発生する大きな理由は、かつて存在していたウェブページが削除されたが、リンクが残っているというもの。
またリンクの設定ミスも大きな原因の一つとなります。

モビライズではリンクはプルダウンでの選択式ですからリンクの記述ミスは少ないのですが、不要なページ削除はあり得る操作となりますね。以下見ていきましょう。


404オリジナルページを設定するには?

何も設定せずに運用すると、404エラーが発生した際、ホスティングされているサーバーのエラー画面がデフォルトで出ることになります。

ホスティング先がわかるだけでなく、サーバー、ドメイン由来の外部リンク等があれば、せっかくの訪問者が別サイトに遷移してしまうことになりかねません。

これを防ぐためにも次の2点を準備しましょう。

1. オリジナル404エラーページの作成
2. .htaccessファイルの作成

モビライズの無料404エラーページ

Mobiriseの404エラー

モビライズでも無料のエラーページテンプレートが用意されています。
自身で作成するのが面倒な方はこちらを使うのも良いでしょう。可愛い動物があしらわれたテンプレートです。以下よりチェックしてみてください。

モビライズ無料エラーページテンプレート


404エラーページ作成

404エラーページ
次へのアクションリンクを必ず入れる

ファイル名は404.htmlや404error.htmlなどなんでも構いません。モビライズ上でブロックを選択し、まずは404エラーページを作成して見ましょう。
特にサイト上でエラーが発生したことがわかる文章やイメージを入れ込みましょう

大事なポイントとして、TOPページへのリンクやサイトマップへの誘導など次に繋がるリンクを入れること。
これが離脱防止に非常に大切になります。


.htaccessファイルの作成

.htaccessの設置
テキストエディターで.htaccess ファイルを作成

.htaccessファイルを作成し、サーバに設置すれば、様々なアクセスへの挙動を制御することが出来ます。

ここでは、サーバ内でファイルが見つからない404エラーが出た場合のみの制御だけという前提で以下1行のみの記述を行います。

ErrorDocument 404 /404.html

.htaccessファイルはコンテンツディレクトリのトップに必ずおいてください。

この作業で作成した404エラーページが表示されるはずです。
設置できれば実際にサイト上でエラーを表示させてみて、404.htmlページが表示されるかテストしてみましょう。